ホーム >  マンガ賞 >  『赤と青とエスキース』作中コミック コミカライズ漫画家募集!
ホーム >  マンガ賞 >  『赤と青とエスキース』作中コミック コミカライズ漫画家募集!
特別

『赤と青とエスキース』作中コミック コミカライズ漫画家募集!

締め切り日: 2022年10月15日
ジャンル: その他
紹介文: 2022年本屋大賞・第2位を獲得し、10万部突破のベストセラーになっている青山美智子著『赤と青とエスキース』。本書の大ヒットを記念して、第3章「トマトジュースとバタフライピー」中に登場する『ブラック・マンホール』(通称「ブラマン」)のコミカライズ・プロジェクトを始動いたします。

『赤と青とエスキース』作中コミック コミカライズ漫画家募集! PR

■「ブラマン」とは?
「ブラマン」とは、『赤と青とエスキース』内に登場する漫画家・砂川凌(すながわ・りょう)が描き、作中で「ウルトラ・マンガ大賞」を受賞したとされる、架空の漫画です。

『ブラック・マンホール』そんなタイトルのその漫画は、通称「ブラマン」と呼ばれている。
下水道管に住むモンスターの話だ。シュールでオシャレで、ちょっとホラーなのにちょっと笑えて……なにしろおもしろい。人間の愚かさと英知、ラブとサスペンスが絶妙なバランスで描かれている。
下水道の仕組みもわかりやすく取り上げられているので、教育現場や環境問題を扱うセミナーなんかで資料として使いたいという申し出もよくあると聞いた。エンタメ的にも社会的にも高く評価された作品だ。
~『赤と青とエスキース』第3章「トマトジュースとバタフライピー」より~

上記の基本設定をもとに、著者の青山さんとアイディアを出し合いながら内容を膨らませ、「作画」というかたちでコミカライズ・プロジェクトに参加していただけるクリエイターさんを、このたび公募いたします。
プロ・アマ問わず、ご自身のクリエイティブ作品の発刊を夢見るすべての方がご応募いただけます。みなさんぜひ、奮ってエントリーをお願いいたします。

■著者・青山美智子さんより
「創作が、漫画が、物語が、好きで好きでたまらない。 そんなあなたと、ぜひ一緒に作品を創りたいです。 誰よりもワクワクしながらお待ちしています!」

■賞品
正賞…「ブラック・マンホール」のコミカライズに、作画担当として参画していただきます。
コミカライズ作品は、デジタル配信、電子書籍、あるいは紙書籍など、各種媒体での販売を予定しており、弊社所定の原稿料・印税をお支払いいたします。
副賞…賞金10万円

応募要項

■概要
青山美智子著『赤と青とエスキース』の第3章「トマトジュースとバタフライピー」を原作としてイメージし、10ページ以内にまとめたオリジナルのコミカライズ作品をご応募ください。

■締切
2022年10月15日(日)24:00

■公募作品の原作
第3章については下記で無料公開されています。
myPHP会員限定「PHPの図書室」でも期間限定公開中。新刊プレゼントなどお得な情報が満載!登録はこちらから
pixivで読む
NetGalleyで読む
※ご応募に当たっては、第3章すべてを応募作品に含める必要はありません。
※必ずしも第3章の冒頭からコミカライズする必要もなく、第3章のなかから一部抜粋してコミカライズしてもOKです。
※応募作品は読み切りとして完結している必要はありません。
※各シーンの切り抜きイラスト集のようにならないように、ご注意ください。

■応募方法
応募作品をPDFファイル(あるいはJPEG)にまとめ、公式サイトよりご応募ください。
※ご応募は、Webフォームサービス【FormOK】の利用となります。
※作成した漫画原稿は【jpg形式】または【PDF形式】でご応募ください。
※アップロードするファイル名は半角英数小文字でお願いいたします。
※応募原稿は10ページ以内で、カラー・モノクロどちらでも可です。
※書式なども特に規定はありませんが、ファイルサイズは100MB以内でお願いします。
※日本語の作品のみ受け付けます。

■応募作の選考・受賞作の発表について
著者の青山美智子さんを審査委員長とし、PHP研究所編集部の厳正な審査のもとに受賞作を決定いたします。
受賞作は2022年11月中旬、受賞者名とともに弊社ホームページにて発表させていただきます。
受賞通知は、2022年11月初旬を予定しています。
直接、受賞者に連絡し、本人の意向を確認いたします。
連絡後、7日間のうちに返事がない場合は、受賞辞退と見なさせていただきます。
なお、該当作品なしの場合もございます。

■詳細は下記をご覧ください
https://www.php.co.jp/news/2022/06/redbluecomic.php