漫画(マンガ)持ち込み・投稿・新人賞ポータルサイト

mannavi

おすすめコンテンツ
定例

第4回サンデーうぇぶり新人賞

締め切り日:2019年5月31日
会社名:小学館
カテゴリー:電子コミック、マンガアプリ
雑誌:サンデーうぇぶり

新人賞PR

■部門
・テーマ部門とは?
テーマに沿った読切作品を募集!
テーマをどう解釈してどんな主人公を描くのか、どんなドラマを描くのか、そこがアナタの腕の見せ所! 第4回目のテーマは「異世界」!
「異世界」の要素が入っていれば、どのような作品でもOKだ!!
今回は、非常に自由度の高いテーマとなっているので、ドシドシ応募してくれよな!!

・4ページ漫画部門とは?
第3回でも大好評だったため、第4回でも引き続き「4ページ漫画部門」を設立!
審査員は今回も、『カメントツの漫画ならず道』『こぐまのケーキ屋さん』のカメントツ先生だ!!!

・フリー部門とは?
8ページでも50ページでも何ページでもOK!
学校の課題として描いた作品や、同人誌として描いた作品でもOKなので、新時代のWEB漫画にふさわしい自由な発想で、編集部を驚かせてくれ!!
未受賞作品であればなんでも(発表済みの作品でも)ありだぞ!!

■賞・賞金
金賞 賞金30万円+副賞:液晶タブレット
銀賞 賞金10万円
銅賞 賞金5万円
受賞作はすべてサンデーうぇぶりに即掲載!!

過去の受賞作品

第3回サンデーうぇぶり新人賞
テーマ部門「アンチヒーロー/ダークヒーロー」銀賞
『メンヘラ魔法少女』さかな汁先生

【選評】
今回、一番絵がうまいです。 コマ割も非常に見やすくアクションの画もかなりかっこいい。 漫画としての完成度はダントツでした。 ただ、タッチの淡さも相まって主人公のメンヘラ感やキャラの濃さがまだ全体的に薄いような感覚もあり、今回のテーマで描くならもっとわかりやすく際立った世界観で見たいなと思いました。 続きを思わせるような演出や隠し要素もありましたが、読み切りで読むにはちょっと蛇足かもしれません。 ただ純粋でまっすぐな心はひしひしと伝わってくるような画作りや演出がされていてワクワクしたので、今後はそんな世界観の作品も見てみたいなと思いました。

読む

第3回サンデーうぇぶり新人賞
4ページ漫画部門 銅賞
『素直になれなくて』脊髄引き抜きの刑先生

【選評】
既存の「好きな人には、ツンツンしちゃうの!」という定型キャラを反転させた作品です。こういうヒネクレた意地悪さをもっと見たいですね。絵柄も完成されています!最高!はやくデビューをしてください!よろしくお願いいたします!

読む

第3回サンデーうぇぶり新人賞
フリー部門 銀賞
『Hello, Baby!』なかいくじ先生

【選評】
なかいくじさんの「Hello,Baby!」は 部内ではいちばんの高得点を集めました。 非常にコマ割りが読みやすく、説得力のある絵柄です。 また32ページの中に詰め込まれた情報量も適切で、読後感が良いです。 更にハイレベルな要求をすると、このテーマ、語り口であっても 読者の予想を裏切るような展開を仕込められるとさらに傑作だったかも知れません。 その力量は十分にあると感じますので、担当者とぜひ次作も頑張ってください。

読む

応募方法

■募集形式
ページ数の規定はありません(ただし、4ページ漫画部門は4ページ)。

■応募方法
デジタル原稿とアナログ原稿とで応募方法が異なります。
【デジタル原稿】完成原稿データを「EPUB」形式で保存し、応募フォームより必要事項を入力の上、データをアップロードしてください。
【アナログ原稿】原稿1枚目の裏に、タイトル・住所・氏名(ペンネーム使用の場合は本名も併記)・年齢・職業・電話番号をフリガ ナとともに記入し、下記宛先にお送りください。

■宛先
〒101-8001
東京都千代田区一ツ橋2-3-1
小学館 第4回サンデーうぇぶり新人賞係
※原稿の返却はいたしませんので、あらかじめコピーをとってからご応募ください。

■締切
テーマ部門・4ページ漫画部門・フリー部門、すべて2019年5月31日必着。
※締切を過ぎてしまった場合は、自動的に次回分へエントリーされます。

■審査
テーマ部門→サンデーうぇぶりスタッフ
4ページ漫画部門→審査員+サンデーうぇぶりスタッフ
フリー部門→サンデーうぇぶりスタッフ

■同人誌について
商業未発表作に限ります。

■応募フォーム
http://sunday-webry-form.com/events/newface-award4th/post-004-2.html

■その他
他社での受賞作は受付できません。

■詳細は下記をご覧ください
https://www.sunday-webry.com/events/newface-award4th/

結果発表の時期:
6月頃、サンデーうぇぶり上にて

関連する雑誌

おすすめコンテンツ
ページトップへ戻る