漫画(マンガ)持ち込み・投稿・マンガ賞ポータルサイト

mannavi

おすすめコンテンツ
月例

1ページ漫画賞「箱庭」

締め切り日:2019年12月1日(必着)
会社名:マッグガーデン
カテゴリー:少年誌、青年誌
雑誌:月刊コミックガーデン

簡単な新人賞紹介:応募できるのは“1ページで完結している漫画作品”限定! ジャンルやコマ数などは基本自由! 1ページに貴方の煌めく才能を詰め込もう!!

新人賞PR

■メリット
メリット1
受賞すると賞金1万円+本誌掲載!
メリット2
受賞者には必ず担当が付きデビューまでを支援!
メリット3
複数応募OK!毎月の受賞作数に制限ナシ!
メリット4
半年ごとに最多受賞者へ16ページまでの本誌読切掲載権を贈呈!

■賞金
受賞:名人
賞金1万円+作品誌面掲載

最終候補:職人
なし(作品名・ペンネームのみ掲載)

毎年[前期](1/1〆~6/1〆分)、[後期](7/1〆~12/1〆分)、各期間の最多受賞者を大名人と認定し「16ページまでの読切掲載権」を贈呈します!

出身作家

大﨑崇人 先生
原作を担当した「配信勇者」
第1~2巻 好評発売中!
「配信勇者」第1話はこちら
大﨑崇人 先生のTwitterはこちら
作品の詳細はこちら

堀井 優 先生
「ケサランなにがしとスープ屋さん」
第1~2巻 好評発売中!
「ケサランなにがしとスープ屋さん」第1話はこちら
堀井 優 先生のTwitterはこちら
作品の詳細はこちら

過去の受賞作品

1P漫画賞『箱庭』2019年後期第1回
受賞作品全7作品 No.1
栗原あゆみ 作品名「恋」
Twitterはコチラ

1P漫画賞『箱庭』2019年後期第1回
受賞作品全7作品 No.2
紫山四子 作品名「夢と現実」
Twitterはコチラ

1P漫画賞『箱庭』2019年後期第1回
受賞作品全7作品 No.3
となりける 作品名「女帝の秘密」
Twitterはコチラ

応募方法

■応募資格
制限なし。プロ・アマを問いません。

■作品内容
オールジャンルOK。※商業未発表のオリジナル作品に限ります。

■応募形態
完成原稿、1ページ作品限定。※1回に複数応募可。

■応募要項
[アナログ原稿]
B4サイズの市販の原稿用紙、または画用紙やケント紙に黒インクか墨汁で描いてください。セリフはフキダシの中に鉛筆で、絵にかかる場合は上にトレーシングペーパーを被せ、その上に書いてください。
※コピー、スキャンデータ不可。
[デジタル原稿]
原稿データ(セリフなし)と、セリフあり出力見本データの2点をご用意ください。
※データはモノクロ2階調・600~1200dpiで作成。

■応募方法
郵送もしくはオンライン投稿。
[郵送の場合]
原稿もしくはプリントアウトした出力見本のページ裏に必要記入事項を明記の上、お送りください。
[オンライン投稿の場合]
本誌公式サイト内「1ページ漫画賞」ページから投稿フォームを開き、応募データを選択し、必要記入事項を入力した上で送信してください。
※応募データは、原稿データ(セリフなし)とセリフあり出力見本データの計2点を送付してください。

■必要記入事項
①応募期回(例:後期・第1回)
②作品タイトル
③郵便番号・住所
④氏名(フリガナも)
⑤ペンネーム(フリガナも)
⑥年齢
⑦職業/学年
⑧電話番号
⑨メールアドレス(連絡の取れるもの)
⑩作歴(投稿歴・受賞歴・掲載歴などあれば)
⑪返却希望の有無(アナログ原稿の場合のみ)
※原稿返却希望の場合は、返却先の住所・氏名を記入し切手を貼り付けた返却用封筒を同封してください。

※結果発表後3ヶ月を目処に原稿を返却します。返却希望でない場合、または切手未封入・料金不足などの場合は編集部にて3年間保管した後、処分させていただきます。
※受賞作品の出版権・上映権・映像化権などの諸権利は、全て当社に帰属するものとします。
※お預かりした個人情報につきましては、受賞の連絡および原稿返却時のみに使用いたします。
※受賞発表後であっても、選考対象外となる事実が認められた場合、受賞が取り消されることがあります。
※受賞作品はwebサイトで公開させていただく場合がございます。

■宛先
〒102-8019
東京都千代田区五番町6-2
ホーマットホライゾンビル5F
株式会社マッグガーデン
「2019年後期・第●回月刊コミックガーデン 1ページ漫画賞 箱庭」係

■オンライン投稿フォームはこちら!
https://www.mag-garden.co.jp/enquete/1p-manga-award.php

■詳細は下記をご覧ください
http://www.mag-garden.co.jp/comic-garden/1pmanga

結果発表の時期:
締切の翌月発売の本誌誌面にて!

関連する新人賞

関連する雑誌

おすすめコンテンツ
ページトップへ戻る