漫画(マンガ)持ち込み・投稿・マンガ賞ポータルサイト

mannavi

おすすめコンテンツ
特別

プロ漫画家のためのNEXTステップ

締め切り日:2019年11月25日
会社名:集英社
カテゴリー:電子コミック、マンガアプリ
雑誌:ジャンプ+

簡単な新人賞紹介:眠っている作品、ネームお待ちしています。

新人賞PR

■about
ジャンプ+ではプロの漫画家の方の作品を募集します。
「ジャンプ+ってどんなところ?」
「話だけでも聞いてみたい」
そんな気軽な気持ちで構いません。
ジャンプ+での掲載・連載をほんの少しでも考えている方、ぜひ送ってみてください。

作品は非公開。
アナタから応募があったことは私たち以外にわかりません。
なので過去に掲載された原稿でもOKです。

連載会議で落ちたネーム
打ち合わせで上手くいかなかった作品
読切として1度掲載されたが連載まで行かなかった原稿
家で眠っているオリジナル同人誌

何でも大丈夫。
期間中に投稿された作品すべてに返信致します。
「ジャンプ+での原稿料はいくらなの?」
(※2019年10月現在、連載の場合モノクロ1P12000円以上)
「掲載ペースってどうなってるの?」
などのご相談も大歓迎です。
アナタのご応募お待ちしております。

■ジャンプ+作家から

水あさと
『阿波連さんははかれない』
ジャンプ+の他誌と違うところと言いますと、ウェブ雑誌の中でもアプリDL数も多く、作品を多くの人に見てもらいやすくなっているかと思います。
その分作品数も多いのですが、若い漫画家もベテランも関係なく、ちゃんと「面白ければ読まれる」という土壌は出来ていると思います。
またアプリ外、ネットでも話題にもなりやすく感じます。
自分も今まで他誌でやってきた中で、この連載が最も反響が大きいと感じました。


梧桐柾木
『モネさんのマジメすぎるつき合い方』
「ジャンプっぽい作品」という言葉を耳にし、敷居の高さを感じる作家さんは多いと思います。
ちなみに、自分は以前は裏サンデーで連載しており、ジャンプに持ち込みの際も「サンデーっぽい」と言われてたらしいです。
それでもジャンプ+で連載の機会を得ることができたのは、ジャンプ+の「面白いものを見たい、世に出したい!」というチャレンジ精神のおかげだと思っています。
複数の媒体の空気を肌で感じられたのは自分の財産になっています。
皆さんも、気軽に投稿されてみてはいかがでしょうか? きっとジャンプ+は、それに応えてくれます。

応募方法

■応募資格
商業誌(WEB商業誌含む)に2年以内に連載ないし読切(※)で掲載されたことがある方
※連載経験がまだない読切掲載のみの方も大歓迎です。

■募集作品
漫画形式のものならなんでも大丈夫です。
(例:過去出したコミックス、1話だけのネーム、オリジナル同人誌)
※文字のみのものは返信できない可能性があります

■ジャンプ+とは
ジャンプ+は現在1100万DLを突破したアプリ漫画雑誌です。
2019年に入ってから35本以上の新連載、90本以上の読切が掲載されています。(2019年10月16日現在)

■原稿料
読切の場合は、モノクロ1ページで9000円以上。
連載の場合は、モノクロ1ページで12000円以上。
過去の実績を踏まえた額を相談の上、それ以上の額をお支払いします。

■広告収入
ジャンプ+はオリジナルの連載中マンガに入る広告売上を作家さんに還元しています。
毎月、数十万円以上のお戻ししている作家さんが複数いらっしゃいます。
過去の最高実績は2019年6月の1か月間で約55万円を作家さんにお戻しした作品もありました。
※この他、もちろんコミックス印税などのお支払いもございます。

■連載ペース
基本的には週刊、隔週刊での連載をお願いしています。
ただ、月刊や日刊なども可能です。作品内容や作家さんのペースに合わせた連載ペースを編集部と相談することができます。

■連載各話のページ数
多い場合も、少ない場合も、ページ数に制限はありません。

■ジャンルに制限は? ジャンプっぽいものがいいの?
ジャンルに制限はありません。どんなものでも歓迎です。
よく「ジャンプっぽいものじゃなきゃダメだと思っていた」と言われますが、全くそんなことはありません。表現上の問題が無ければ、大丈夫です。作品ラインナップの多彩さは実際のジャンプ+をご覧ください。

■作品投稿フォームはこちら
https://webtreasure.shonenjump.com/professional_post/register/14
※返信は投稿頂いてから2週間を目安におこないますが、想定以上に投稿作があった場合は、2週間以上の時間を頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※返信は応募要件を満たしているものに限らせていただきます。

■詳細は下記をご覧ください
https://shonenjumpplus.com/article/nextstep

関連する新人賞

関連する雑誌

おすすめコンテンツ
ページトップへ戻る