ホーム >  ニュース >  今年も国内外の大手出版社や電子書籍ストアが協賛する学生向け国際マンガコンテストがいよいよスタート
ホーム >  ニュース >  今年も国内外の大手出版社や電子書籍ストアが協賛する学生向け国際マンガコンテストがいよいよスタート
ニュース
2021年11月5日

今年も国内外の大手出版社や電子書籍ストアが協賛する学生向け国際マンガコンテストがいよいよスタート


全世界の学生を対象とした国際マンガコンテストが今年も開催されます。例年通り集英社、KADOKAWA、講談社といった国内大手出版社に加え、フランスやスペインの海外出版社、BookLiveやLINEマンガなどの電子書籍サイト、WEBTOON制作会社など、マンガ・コミック・WEBTOONに関わる幅広い企業が協賛社として名を連ねています。

昨年から続くコロナの影響による在宅・余暇時間の増加や、スマートフォンに最適化したWEBTOONの台頭によってコンテンツの消費量は増加しており、この流れは今後も続いていくものと想定されます。こうしたコンテンツ需要の高まりにより、作家の獲得、育成がますます業界各社にとって重要な課題となっています。

日本国内においては、出版社側でも作品を簡単にWEBで持ち込みできるように受け入れ体制を強化したり、WEBTOON/縦スクロールに特化したマンガ賞を開催するなど、新たなクリエイターの獲得に向けた様々な取り組みがなされています。その一方で、より若い世代や言葉の壁のある世界各国のクリエイターには、まだ十分にそういった情報が届いていないという状況もあります。

また、コミックを学ぶ環境やデビューの機会が日本ほど多くない国・地域は世界中に数多くあり、作品発表の場を求めている熱意ある若手クリエイターも多数存在しています。そのような若手クリエイターに、国内外のマンガメディアとのマッチングのチャンスを提供する本コンテストはまさに貴重な出会いの場と言えます。

学生向けのコンテストとして育成にも力を入れているとのことで、受賞作品には審査員や協賛各社から具体的な添削アドバイスがあることも本コンテストの特徴の一つです。アドバイスはすべて7言語(日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語)で公開されているので、国内だけでなく海外メディアの視点からのアドバイスも読むことができ、多くの活きた学びを得ることができる場となっています。

国際コミック・マンガスクールコンテスト2022 協賛社




■国際コミック・マンガスクールコンテスト2021 総合グランプリへの応援アドバイス
作品名:¡ÁNIMO PAPÁ!(スペイン語)
学校名:Escola Joso
ペンネーム:Konata(Spain)

他の受賞作品に対する協賛各社からのコメントや添削アドバイスもこちらから見ることができます。参加前にアドバイスをチェックしてみましょう。

▶国際コミック・マンガスクールコンテスト2021 受賞作品へのアドバイスをみる





また、受賞者には賞金の他にWacomの液晶ペンタブレットやイラストやマンガ制作アプリのCLIP STUDIO PAINTが進呈されます。クリエイターにとって嬉しいクリエイティブな制作環境が揃います。

■賞・賞金
コミック部門賞 / マンガ部門賞 / バンド・デシネ部門賞 / Webtoon部門賞
総合グランプリ (1名)
・賞金3,300 USD (360,000円)
クリエイターのために使いやすさを追求した新しいWacom Cintiq Pro 16 (DTH167)
パソコンやタブレット、スマートフォンで使えるペイントツール CLIP STUDIO PAINT EX 1デバイス 3年版


部門賞 (各1名)
・賞金1,700 USD (180,000円)
13.3型のWacom One 液晶ペンタブレット 13
CLIP STUDIO PAINT EX 1デバイス 3年版

作画部門
グランプリ (1名)
・賞金 2,200 USD (240,000円)
Wacom One
CLIP STUDIO PAINT EX 1デバイス 3年版

イラスト部門
グランプリ (1名)
・賞金 550 USD (60,000円)
Wacom One
CLIP STUDIO PAINT PRO 1デバイス 3年版





国際コミック・マンガスクールコンテスト2022』は、学生クリエイターがこれから大きく飛躍するための貴重なチャンスが得られるコンテストです。興味のある方は、ぜひ以下から詳細をチェックしてみてください。

国際コミック・マンガスクールコンテスト2022