ホーム >  コラム >  フランスから逆輸入された話題の超本格SFマンガ「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」はどのようにして生まれたのか!
ホーム >  コラム >  フランスから逆輸入された話題の超本格SFマンガ「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」はどのようにして生まれたのか!
コラム
2021年11月22日

フランスから逆輸入された話題の超本格SFマンガ「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」はどのようにして生まれたのか!



フランスの出版社AC Media・Ki-oon 漫画編集部のさやかです。弊社はフランスの出版社ではありますが、東京にオフィスもありフランスで漫画家デビューを目指す作家さんを探しています!フランスは欧米において最大の漫画市場であり様々なジャンルの作品が刊行されています。弊社はフランス漫画市場4位を占めており「僕のヒーローアカデミア」、「呪術廻戦」、「ダーウィンズゲーム」、「乙嫁語り」、「BEASTARS」を始め、多くのヒット作品を刊行させていただいております。数多くの作品は日本で出版されたものの翻訳版ですが、弊社は設立当時からオリジナル作品も刊行しております。今回はそのオリジナル作品の一つであり、日本で話題を集めている「虎鶫 – TSUGUMI PROJECT」について書きたいと思います。



「虎鶫-TSUGUMI PROJECT」とは


「虎鶫-TSUGUMI PROJECT」は週刊ヤングマガジンで連載中の本格SFサバイバル漫画です。お陰様で売り上げが15万部を突破し今年の10月6日に3巻が発売されました!


あらすじ:
壊滅した旧日本で、秘密兵器の謎を追え!
二百年以上前の大戦争の際、日本には多くの核爆弾が落とされ、人間が住めなくなってしまった。閉鎖空間と化したこの国に関する情報は少ない。ただし、日本は戦争中に恐ろしい秘密兵器の計画を進めていたという噂がヨーロッパを騒がせている。情報収集のために結成された死刑囚のチームが日本に送り込まれることとなる。優秀な元軍人のレオーネもその集団に属していた。しかし、その集団を乗せた日本行きの飛行機が墜落してしまい、彼は一人、東京湾で目を覚ます。生き残るための唯一の道は、ミッションをクリアし、一年後に迎えに来る予定の飛行機に乗せてもらうことである。
しかし、日本には人間がいないものの、別の生き物が生息していた。「服を着た何か」にレオーネが襲われ、間一髪のところで不思議な少女、ツグミに命を救われる。人間の体に鳥の足を持ったツグミはレオーネが気になり、興味津々でついて行く。正体不明の仲間とのサバイバルの旅が始まる!
無料お試し読みはこちら


このippatu先生のマンガは今年日本で初めて世に出た漫画に見えますが、実はフランスから来たオリジナル作品です!そのため、既に2019年7月の時点でフランスの書店に1巻が発売されていたのです!それでは、どのようにして作品が形になったのかを見て行きましょう。



作品はどのように生まれたのか?


2017年にippatu先生とKi-oon編集部は出会いました。
その頃、画風がバンド・デシネ(フランスのコミックス)に似ていると言われ、フランスのコミックに興味を持ち始めたippatu先生。自然とフランスの出版社に声をかけて見ようと考え始めます。そこで日本で活躍しているバンド・デシネ雑誌EUROMANGA(ユーロマンガ)のフレデリック・トゥルモンド編集長と連絡を取りました。そちらの紹介からKi-oon東京編集部と先生は繋がります。担当を務めたKi-oon東京オフィス代表兼編集者のキムは当時企画書を初めて見た時「画力の高さとストーリーの面白さに心が躍った」と語ってくれました。「虎鶫-TSUGUMI PROJECT」は、先生が長年考えてきた世界を具現化したからこそ面白くて深みのある漫画になったのでしょう。
その後、出会いから数ヶ月がたち「TSUGUMI PROJECT」と名付けられた企画は無事通り2019年7月に第1巻が発売する事になるのです。フレデリック編集長には大感謝ですね!
それから作家や編集者そしてPR担当者が力を合わせて様々なプロモーション戦略をたてました。その甲斐あってめでたくフランスで人気作品となりました!



フランス初の漫画が日本に逆輸入された?


毎年パリで開催されているヨーロッパ1の漫画コンベンション・Japan Expoに参加しているKi-oon編集部。2019年版には、「TSUGUMI PROJECT」特別専用ブースを作り 宣伝を最大に強化しました。「フランスだけでなく世界中の人々にも読めるようにしたい!」その様な思いでPRや営業活動をしてきました。その宣伝効果があり順調にフランスで売り上げが延びていき「虎鶫-TSUGUMI PROJECT」は世界へと飛び立つまでになりました。イタリア市場3位の漫画出版社「J-POP」からイタリア語版のライセンスを買って頂き、又講談社のヤングマガジン編集部からも日本語版のライセンスを購入してくださいました!ここで初めて日本語版が出る事が決まり現在の連載に至ります。

日本の皆様のご支援を頂き、めでたく重版続きの話題作品とまで成長しました!今後も全力を上げて日本やフランス、イタリアのみならず全世界を目指して「虎鶫-TSUGUMI PROJECT」を展開していきたいと思います!これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回の記事はippatu先生の創作・作画テクについて書かせて頂きます!お見逃しなく!


漫画家を目指すのであればippatu先生の様にフランスでデビューを検討してみては如何でしょうか?
只今漫画企画募集中です!
Ki-oon編集部との漫画制作に興味がありましたら、
・ストーリー
・世界観とキャラの設定資料
・完成したページ(最低限一話目)
をまとめ、メールアドレス又は郵送で送ってください。

東京オフィス連絡先
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-2-2
日本橋本町YSビル2階 フランス商工会議所内
メール:mochikomi@ki-oon.com
電話番号:03-4500-6669

Ki-oonマンナビページ
東京オフィス公式TWITTERアカウント
編集者さやかのTWITTERアカウント
東京オフィス公式Instagramアカウント
編集者さやかのDAYS NEO プロフィール
Ki-oon公式ウェブサイト(フランス語のみ)

※本記事はKi-oon様より寄稿していただきました