ホーム >  コラム >  漫画「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」作者・ippatu先生の作画ステップをご紹介!
ホーム >  コラム >  漫画「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」作者・ippatu先生の作画ステップをご紹介!
コラム
2021年12月20日

漫画「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」作者・ippatu先生の作画ステップをご紹介!

皆様はいかがお過ごしでしょうか。あっという間に年末になりましたね!
フランスの出版社AC Media・Ki-oon 漫画編集部のさやかです。
弊社はフランスの出版社ですが、東京にオフィスがありフランスで漫画家デビューを目指す作家さんを募集しています!フランスは欧米において最大の漫画市場であり様々なジャンルの作品が刊行されています。弊社はフランス漫画市場4位を占めており「僕のヒーローアカデミア」、「呪術廻戦」、「ダーウィンズゲーム」、「乙嫁語り」、「BEASTARS」を始め、多くのヒット作品を刊行させていただいております。数多くの作品は日本で出版されたものの翻訳版ですが、弊社は設立当時からオリジナル作品も刊行しております。

今回は弊社オリジナル作品、「虎鶫 – TSUGUMI PROJECT」作者・ippatu先生の作画ステップについてご紹介をします。フランスで先行のこの本格SF作品は、日本で週刊ヤングマガジンが連載してくださっています。

おかげさまで16万部を突破しました!

前回の記事はこちら:
フランスから逆輸入された話題の超本格SFマンガ「虎鶫―TSUGUMI PROJECT」はどのようにして生まれたのか!


ippatu先生の創作ステップはこれだ!
ストーリーのみならず精細で力強い絵が大評判のippatu先生。普段からこちらのステップを踏んで漫画創作をされています。

ラフ

ペン入れ

ペン入れ 髪

ハイライトや影追加

吹き出し追加

コマに絵を入れる

最終調整、トーン貼りなど


【ippatu先生から聞きました!タメになる漫画創作ポイント】
① 作画に関してのコメント
同じ絵を再び使う事もあるので先生は普段からキャラ全体を描く様に心がけています。

② 背景に関してのコメント
キャラ達の世界をよりリアルにするため、背景作りには努力を惜しまない!読者に世界観をより強く印象づけるには背景はしっかり描きます。

【ippatu先生の作業場】
仕事の環境を整える事も大切です。作業場をイラストで再現してくださいました。こちらです!↓
パソコンとモニターが3台もあるので部屋の中は暑そうです!



これからも「虎鶫-TSUGUMI PROJECT」を全力でサポートして行きますので応援を今後ともよろしくお願いします。

次回は別冊少年チャンピオンで連載中の弊社オリジナル作品「Lost Children」について書きたいと思います。
楽しみにしていてください。


只今漫画企画募集中です! Ki-oon編集部との漫画制作に興味がありましたら
・ストーリー
・世界観とキャラの設定資料
・完成したページ(最低限一話目)
をまとめ、メールアドレス又は郵送で送ってください。

東京オフィス連絡先
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-2-2
日本橋本町YSビル2階 フランス商工会議所内
メール:mochikomi@ki-oon.com
電話番号:03-4500-6669

Ki-oonマンナビページ
東京オフィス公式TWITTERアカウント
編集者さやかのTWITTERアカウント
東京オフィス公式Instagramアカウント
編集者さやかのDAYS NEO プロフィール
Ki-oon公式ウェブサイト(フランス語のみ)

※本記事はKi-oon様より寄稿していただきました




漫画家としてデビューしたい!
漫画家になるにはどうすれば・・・という方向けの記事をピックアップ!



そもそも漫画家にはどんな仕事があるのか?
デジタルとアナログ?漫画制作に使う道具
どんな学校がある?マンガ専門学校で技術を学んでみよう
出版社へマンガ作品を持ち込むときの準備と心得
漫画家実態調査アンケート2021年版
漫画編集者実態調査アンケート2021年版
少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』編集長インタビュー記事
少女漫画雑誌『別冊フレンド』連載漫画家のデビュー前のエピソード一覧
同人誌即売会と同時開催!出張編集部への持ち込み体験レポート一覧

 

マンナビでは漫画家になりたい方や漫画家として活躍されている方向けにノウハウ記事を提供しております。こんなノウハウが知りたい!漫画編集者伝授のテクニックを知りたいなどあれば下記の記事要望フォーム宛にご記入いただければ幸いです。今後の記事制作の参考にさせていただきます。