漫画(マンガ)持ち込み・投稿・新人賞ポータルサイト

mannavi

書籍 2011年1月22日

『漫画家白書 「マザーコンテンツ」の創り手はいかに育つか』

 

 

漫画家になれる人となれない人の違いは何か?労働環境や育成環境について、データで迫る!

 

これまで漫画家や編集者の間で経験則によって語られてきた内容をエビデンス(科学的根拠)に基づき明らかにするためにプロ漫画家と志望者348人へ実態調査。その結果を『漫画家白書』として統計分析した1冊

Amazon詳細ページはこちら

 

内容紹介

 

漫画家の労働環境や育成環境について、統計的にアプローチ。

・プロ漫画家になれる人は、1ヶ月以内に1作品ペースで原稿を作成

・デビューしている人がデビューまでに描いている原稿数は平均250ページ

・同人誌・アシスタント経験者のほうがプロ漫画家になりやすい

などなど、何となく当たり前と思われてきたことを、客観的なデータで紐とく。

 

書籍情報

タイトル
『漫画家白書 「マザーコンテンツ」の創り手はいかに育つか』
発売日
2011年1月22日
編著
トキワ荘プロジェクト
発行
NPO法人NEWVERY
価格
紙書籍 3,000円(税抜)
販売先
全国書店、amazonなど

カテゴリー
オススメ記事
人気ランキング
ページトップへ戻る