ホーム >  マンガ賞 >  comicoタテカラー®漫画賞
ホーム >  マンガ賞 >  comicoタテカラー®漫画賞
定例

comicoタテカラー®漫画賞

締め切り日: 2022年10月10日
会社名: NHN comico
ジャンル: オールジャンル
媒体: comico
紹介文: 「作家第一主義」を掲げ、作家と編集者が二人三脚で作品作りを行っているcomico編集部が主催する、「縦スクロール」「フルカラー」形式のWEBTOON作品に限定した漫画賞です! 作品のテーマは自由!年齢や、プロ・アマの経験等も一切不問です。 特別審査員として、『週刊少年ジャンプ』の元編集長であり、『DRAGON BALL』『Dr.スランプ』など数多くのヒット作を立ち上げた伝説の編集者・鳥嶋和彦さんが、皆さんの応募作を審査いたします。上位入賞者は鳥嶋さんから直接オンライン講評が受けられる権利も! 新しいWEBTOONのヒット作を、一緒に作りましょう!

comicoタテカラー®漫画賞 PR

■各賞と賞品
【グランプリ】
100万円+担当付き+鳥嶋さんオンライン講評
【準グランプリ】
50万円+担当付き+鳥嶋さんオンライン講評
【鳥嶋賞】
20万円+担当付き+鳥嶋さんオンライン講評
【期待賞】
5万円
・各賞、必ず1名以上選出します!
・上位入賞者のオンライン講評はZoomにて実施いたします。受賞者と日程調整の上、2022年11~12月頃に行う予定です。

応募要項

■開催スケジュール
【募集開始】2022年8月5日(金)
【募集終了】2022年10月10日(月・祝) 23:59
【結果発表】2022年11月予定

■応募条件
・オリジナル作品であること
同人誌・WEB発表済の作品も応募可能ですが、商業媒体未発表の作品に限ります。
・縦スクロール、フルカラーのタテカラー(WEBTOON)形式であること
モノクロ・見開きの作品は審査対象外となります。
・1話45コマ以上で、完結まで描ききっていること
話数の制限は無いので、長くなる場合は複数話にわけての投稿も可能です。
物語の結末まで描ききっている「読み切り作品」が対象となります。
・日本語の作品であること
日本語で描かれた作品であれば、応募者の国籍は問いません。

■審査員
comico編集部

■特別審査員
鳥嶋和彦(『週刊少年ジャンプ』元編集長)

■漫画賞特設ページの応募要項をご一読の上、ご応募ください
https://www.comico.jp/event/contest/tatecolor2022


9/4(日)のCOMITIA141にて、鳥嶋和彦さん登壇イベントを開催!
伝説の編集者・鳥嶋和彦さんが、最近話題のWEBTOONと持ち込み原稿にズバズバ斬り込みます!

■COMITIA141
※プロ・アマを問わない創作者が自主出版した本を発表・販売する展示即売会で、今回は創作JUNE系同人誌即売会「J.GARDEN52」との合同開催となります。
日程 : 2022年9月4日(日) 11:00~15:00
場所 : 東京ビッグサイト 東1・2・3・8ホール
公式サイト:https://www.comitia.co.jp/

●イベント① 12:00-13:00:鳥嶋和彦×comico編集者 WEBTOONトーーーク!
開催場所:東京ビッグサイト 東1ホール内(入場無料)
comicoのヒット作『インモラルに復讐を』の作家・サクラさんのインタビューを交えながら、スタジオ制だけでなく、作家と編集者が二人三脚で作っているcomico編集部のWEBTOONについて、comicoで顧問を務める鳥嶋さんとcomico編集者が熱く語ります!

●イベント② 13:30-14:30:鳥嶋和彦 in 特別出張編集部
開催場所:東京ビッグサイト 東1・2ホール間 comico出張編集部ブース(事前抽選制)
comicoの出張編集部ブースで、鳥嶋さんが持ち込み原稿を拝見します!
持ち込みはモノクロ原稿でもWEBTOON原稿でもOK!
「comicoタテカラー®漫画賞に出す企画を見てもらいたい」等も歓迎です!
※鳥嶋さんへの持ち込みは、当日、現地で抽選を行います
※持ち込みを希望される方は、comico編集部Twitter(@comico_editor)で参加方法を予めご確認の上、comico出張編集部ブースにお越しください
※comico出張編集部では、COMITIAの通常通りの時間と受付方法でcomico編集者も持ち込みを受け付けております